シストレで稼ぎきってセリカを買う

FX取引を行う会社にて働いてみた体験談について

30代ぐらいになってくると、今の会社にそのまま勤め続けていて自分は良いのだろうかという悩みが生じてきてしまうものです。夢中になって突き進んできた20代とは違い、色々考えるようになってしまうことこそ、30代の特徴なのではないかと思います。私は銀行で新卒からずっと働いてきたのですが、やはり30代の時に転職をしたいと考えるようになりました。銀行という形態の会社はもう嫌だと考えるようになっていました。そのため消費者金融の会社も検討したのですが、やはり昔の悪いイメージがあるため、結局見送ることにしてしまいました。もちろん冷静に考えれば、多くの消費者金融が大手銀行の傘下に入っていて、悪徳消費者金融などというものは、ごく一部の闇金業者と呼ばれるものしかありません。
そんな私は結局FX会社に転職することにしました。理由は2つあります。まず何と言っても、FX業界全体が急成長している点です。どんどん成長していく一方であることが予想されるため、自分自身の給料もどんどん急激に上昇し続けることが予想できるのです。二つ目は、自分がこれまで銀行で働き続けたことによって得てきた金融に関する知識や技術を存分に活かすことができると考えたからです。FX会社も銀行も金融商品を扱うというビジネス形態は全く変わらないのです。
実際にFX会社にて働いてみると、大変なことがたくさんありました。まず他の同じFX会社との熾烈な価格競争があったため、労働環境はかなりハードなものです。これといった強みがないFX会社は価格で勝負する以外に、勝負できる手段がないため、とにかく価格を下げようとします。具体的にどういうことかと言うと、手数料をなんと無料にしたり、スプレッドをしきりに引き下げていきます。けれども逆に考えてみると、私たちがこれだけ熾烈な価格競争を行っているため、FX投資家にとっては、手数料が無料になるなど嬉しいことばかりです。どんどんお得にFX取引ができるようになるはずです。
参考:シストレ24の口コミやスプレッド、キャンペーン情報を公開中!

 

 

主婦でありながらFX投資をした体験談を紹介します。

 

主婦をしていると、ほとんどの人間が、子どもがそこまで手がかからないぐらいまで成長すると、パートなどで働きに出ることになります。子供が大きくなっていうということは、修学旅行費用や制服費用、入学金や授業料などといった学費、他にも色々とかかってしまうお金も増えてきてしまうということです。そのための資金を作らなければならないため、働きに出るということです。
けれども私は人付き合いが非常に下手くそであり、外にパートなどとして働きに出ることができる状態ではありませんでした。以前に働いていた時も、すぐに同僚とケンカなどトラブルを起こしてしまい、非常に困っていたのです。いくら子育てを経験したからといって、この性質が良い方向に必ずしも変わっているとは思えません。そのため在宅でできる仕事も色々と検討してみました。しかしどれも時給換算にすると、東京都が定めている最低時給にも遥かに及ばない、信じられないほど割に合わないものばかりでした。ほとんど昭和の時代の微々たるお金しかもらえない内職と変わりがないのです。
そんな時に見つけたものがFXです。FXならばレバレッジというものもあるため、内職のような在宅ワークとは違い、大きなお金を手にすることができる可能性もあります。FXは基本的には子育てや家事などをやらなければならない状態で、できる時間が限られてしまうと、それだけ勝つことができる可能性も下がってしまうと言われています。けれども私の場合は、子育ても一段落していた上に、子供が家事を非常に積極的に行ってくれる優秀さを持っていたため、FXに十分に時間をかけることが可能な環境にありました。実際にやってみると、上手くいったときは、旦那の月収を超えたことまでありました。
このように外へ出て人と接しながら仕事をすることが難しい人間や、主婦のような立場で生きている人であっても手軽に始めることができるという点こそが、FXの大きな魅力であると思いました。

 

 

メンタルコントロールもひとつのテクニック

 

FXトレードのメリットは24時間いつでもトレードすることができることです。また、自宅からパソコンでインターネットをすることができる環境があれば手軽にトレードすることができます。また、外出先からもトレードすることができるようにスマートフォンのアプリもどんどん使いやすくなってきています。私はいつでもトレードできるということで常にポジションを持っていないと落ち着かないようになっていました。そのため、本来はエントリーするべき場面でなくてもエントリーしてポジションを持っては損失を出すようなトレードが続きました。つまり、いつでもトレードできるからということではなく、トレードするべき場面でのみトレードすることを学びました。常にポジションを持っていないと落ち着かない状態では正しい相場観を持つことが難しいと言えます。ポジションを持ちたいという気持ちを抑えることもトレードにおけるひとつのテクニックであると言えます。常にポジションを持っていないと落ち着かないという心理は何より早く稼ぎたいという思いに繋がります。実際、私もせっかく始めたFXなのだから早く利益を出したいと思いました。しかしながら、その考えが結果として損失を出しました。つまり、FXトレードにおいてはテクニックを身につけることも重要ですがメンタルをしっかりすることがポイントと言えます。焦って利益を出すことばかり考えずに相場をじっくりと観察して、正しい相場観を身につけて美味しい局面でのみトレードしても十分に利益を出すことができます。また、例えばトレンドに乗り遅れたときも慌ててエントリーするのではなく、押し目買い、あるいは戻り売りとなるポイントを待つこともひとつのメンタルコントロールと言えます。つまり、初めの波に乗り遅れたのであれば次の波を待つということです。そうすることで有利な価格でポジションを持つことができ、大きな利益を狙うことが可能となります。

ここ最近では、外貨の動きは数年前とは大きく異なっている一面があります。その理由ですが、日本人のトレーダーの方々です。
外貨で売買を行っているのは、もちろん日本人だけではありません。世界中の方々がそれで売買を行っているのですが、最近はちょっと日本人の方々が増えてきている傾向があります。
そもそもFXという商品は、以前は法人の方々のみ売買できる状況だったのですね。個人の方々は、その商品での売買はできませんでした。
ところがある時に色々とシステムの変更が発生し、多くの会社が個人向けの商品を提供するようになりました。それで通貨を使っての売買をする方々の属性などが、変化してきたのですね。
その傾向が特に顕著だったのは、日本です。今まで日本ではその外貨による売買は困難だったのですが、その個人向けの商品が誕生してからは、多くの日本人の方々が口座を作るようになりました。そして、その人数は非常に多かったのですね。
ご存知の通り日本には、非常に多くの方々が住んでいらっしゃいます。確か人口は1億人を超えています。1億人という程ではありませんが、非常に多くの方々がその外貨を用いる商品の口座を作りました。それで昔に比べると、ちょっと通貨の動きも異なってきているのですね。
以前であれば、通貨が下落する事もよくありました。それもセオリー通り、下落する事が度々あったのですね。
ところが最近は日本人の方々が多く参入していますので、今までのセオリーが通用しなくなっている一面があります。個人の方々が独自の考えで売買を行っているので、昔のセオリーではなく最新のセオリーで売買する事も必要になっているのです。ちなみにその日本人の参加者の方々は、たまにミセスワタナベと表現される事もあります。
ただ最近では、そろそろミセスワタナベの方々の人数も停滞するのではないかと言われています。だいぶ人数が増えてきたので、そろそろこの辺りでFXの相場が落ち着いてきても不思議はないでしょう。

続きを読む≫ 2015/07/07 07:04:07

FXで売買を行う時は、基本的にはWEB完結になります。証券会社の店舗で証券マンの方に手続きを行ってもらう訳でもありませんし、電話で売買を行う訳でもありません。あくまでもスマホやパソコンなどで所定画面でクリックなどをして売買をする事になります。いわゆる電子媒体を用いての取引になるのですね。
ところで証券会社では、たまに対面取引という用語を用いている事があります。実はその投資商品は、そのような方法でも売買を行う事は可能なのですね。前述のように大抵の会社はWEB完結になるのですが、一部の会社は例外的に対面というシステムを採用しているのです。
ところでこの金融商品で対面という用語が用いられた時には、通常は電話を指します。対面と聞くと、証券マンの方と顔を合わせての売買をイメージなさる方も多いかと思います。しかし実際には顔を合わせるのではなく、証券会社に電話をして注文などをする事になるのですね。ですので対面取引という表現ではなく、電話注文という表現が妥当かもしれません。
ただしその電話注文によるFXの売買の場合は、手数料が多少高めになる傾向があります。前述の電子媒体で売買を行う時には、基本的には数円や数十円前後でしょう。あまり大きな手数料はかからない傾向があります。ところが電話注文の場合は、かなり高めな手数料がかかる事がありますので注意が必要です。どれ位の手数料になるかは会社によって色々異なりますが、数百円位かかるのが一般的ですね。
このため電話注文ができる会社でも、ネット完結で注文ができるケースもしばしばあります。そのような会社で売買を行うのであれば、やはりネット注文をする方が良いでしょう。明らかに手数料がリーズナブルになるからです。
なお対面取引ができるFXの会社は、数は非常に少ないです。全体の20%もしくは30%ぐらいではないでしょう。またそのような会社は、たいてい日本のみになります。海外の会社の場合は、基本的には対面取引が無いのですね。

続きを読む≫ 2015/07/07 07:04:07

FXの投資では通貨ペアをしっかりすることが大切です。売付取引又は買付取引の別
注文数量を事前に確認することが大切です。執行条件等も自分で要確認しましょう。 指値・逆指値注文のときは価格 に気を使い勝つ投資を心がけることがコツです。有効期限等もありますのでテキパキ投資を継続して行っていきましょう。 売買注文の有効期限 を守ることが出来るようにしっかり携帯電話でアプリをダンロードしましょう。取引の売買注文の有効期限は、証券会社が定めるところによるものとします。
まずは売買注文の受付をサイトで確認しましょう。 この取引の投資家は、投資会社が客の本取引の売買注文を当社オンライントレード内の本取引に影響します。
投資家の本取引の売買注文においては、投資会社が投資家の注文内容を受信した時点で注文の受付とします。売買注文の取消・訂正 、投資家が本取引を利用して行った売買注文に対する取消及び訂正を行うことが大切です。
もし投資家の本口座に差し入れた証拠金が不足する場合においては十分なFXの機能を利用できない可能性もあります。特にレバレッジを利用してFXの投資を行っている方は証拠金が不足しないようにしましょう。投資家の売買注文の内容が、本規定又は証券会社が定める取引に関するルール等に違反しなければそのまま使い続けていくことが出来ます。FXの投資はこのようにしっかり正確性をもって行うことが理想的です。きちんと自分の投資スタイルを保っていくことが最善です。 為替レート及びスワップポイント をしっかり守っていくことが大事です。
この取引による為替レート及びスワップポイントには、投資会社が独自に提示する為替レートで及びスワップポイントが適用されます。
Ask(買値)及びBid(売値)確認しましょう。外国為替相場の状況又は変動によっては、実際の約定値段がの指定した値段とは同一にならない場合があります。投資の際には投資会社が提案する情報を利用してFXを成功させましょう。

続きを読む≫ 2015/07/01 15:51:01

FXは自己の判断と責任において基本的に、自己の資金により自己のためにお取引することになります。そのため第三者のために講座を開くことは出来ません。FXの投資で勝ったお金も負けたお金もすべて登録者のモノになります。投資が簡単にできるFXですが、利用者が十分に利益を上げることができるようにすることが大切です。
並んで、会社の関連する規定の内容を承諾し、トラブルなく継続して投資を行っていくことが大切です。投資会社が提案する通貨ペアによっては何度も投資を続けていくうちにバランスの良い投資を行うことができるようになります。
また基本的に年齢制限があります。満20歳以上80歳未満であること 、幅広い年代の方が申し込みをすることが可能なFXの投資、資金があれば今すぐに投資をスタートすることが出来ます。
また契約した証券会社からの電話及び電子メールにて常時連絡が取れることが大前提です。もしトラブル等があれば証券会社から連絡がきます。 また基本的にインターネットをご利用することが必要になります。 また契約の際には書面の電子的な交付に同意しましょう。 投資した方が当社所定の方法により本口座の開設をお申込みになり、かつ、当社が承諾した際に投資を行うことができるようになります。
本口座の開設が行えない場合には契約はできません。また利用者がこれを引き続き利用していくことはできません。
この時の、証拠金、計算上の損益金、決済取引等に係る差金、差金すべてを本口座内で処理します。また証券会社は投資家が本取引をご利用できる日及び時間は、当社が定めるようにします。売買注文については 投資家が本取引において売買注文を行うときは、投資事項を当社に明示するものとします。投資の際には電話、ファクシミリ、電子メール等による受注は行いません。しっかり自分で投資金額をはっきりさせ、ネットやアプリでの取引がメインです。気持ちの良い取引を継続して行っていきましょう。

続きを読む≫ 2015/07/01 15:51:01

基本的にFXの本取引には、少額の証拠金で大きなレバレッジ効果を得ることが可能で、大きな利益が得られる可能性がある反面としてデメリットで、多大な損失を生じるリスクがあり、このことを事前に理解しておくことが必要になります。しっかり量しやすいFXを行う事が大切です。FXの投資を行う際にはしっかり自分らしく手続きを行うことが最善です。
またFXでは損失を抑制する目的でロスカット・ルールが設けられいるので大きな損失を免れることも可能です。
ロスカットが執行されて損失を生じる可能性がありますので掛金においてしっかり自分なりに検討することが第一です。証拠金の額を上回るリスクがあることを認識することが一番です。まずは、自分がかけやすい金額を吟味する事、また利用者がしっかり責任がモテる金額を投資することが第一です。
規定をしっかり確認しておかないと後に、投資家の取引が困難となるリスクがあること も認識しましょう。
FXの取引には、システム機器、通信機器等の故障等、不測の事態による取引の制限が生じる可能性があります。
FXの取引は、投資家と当社との間で店頭相対取引として行うものになります。会社が提示する買値と売値)とに差があります。両建て取引は、スワップポイントの支払と受取りの差に影響します。及び証拠金を投資者が二重に負担する必要があります。
投資会社は、投資者のお取引コースの如何にかかわらず、本取引における投資相談、アドバイス等も行うので安心です。投資についてのコンサルティングは行わないネット証券などもありますが有力な情報を用意しているので参考になります。

 

投資家は、投資会社の要件をすべて満たす場合に、店頭外国為替証拠金取引口座の開設を申込むことができるようになります。各、規定に基づいて本取引をご利用になるようにしましょう。オンライントレードの利用をお申込みいただいていること で便利に利用する事ができるようになります。存分に投資を楽しむためにこのように規定を理解しましょう。

続きを読む≫ 2015/07/01 15:51:01